箱根駅伝

山野力の高校中学は?

yamano school
スポンサーリンク

山野力の高校中学は?

山野力(やまの ちから)選手は「駒澤大学」の3年生で、陸上競技部に所属しています。

駒澤大学陸上競技部の2021年実績は、箱根駅伝優勝、出雲駅伝5位、全日本大学駅伝優勝(2020年に続き2連覇)近年好成績を出しているチームですね。

そんな駒澤大学陸上競技部で副主将を務め、2021年箱根駅伝優勝チームのメンバーでもある山野力選手。

今回は2022年の箱根駅伝に出場するか注目される選手『山野力の高校中学は?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

 山野力の高校中学は?

山野力選手は2000年5月22日生まれの21歳(2021年12月現在)、身長175㎝・体重58㎏、山口県宇部市出身の大学3年生です。

駒澤大学の経済学部市場戦略学科に所属していますが、推薦入学では無く一般入試で駒澤大学へ入学されたそうです。

山野力選手は駒澤大学への入学について、

「藤色のたすきに憧れて、自分もそのたすきをかけて箱根駅伝に出たいと思ったからです。藤田コーチが声をかけてくれて、駒大は実績もすごかったのでそこで自分を鍛えたいなと思って選びました」 出典:コマスポ

と語るように憧れの駒澤大学に一般入試で入学し、箱根駅伝のメンバーに選ばれるまで相当な努力をされたのでしょうね。

山野力の高校は?

山野力選手の出身高校は「宇部鴻城高等学校(うべこうじょうこうとうがっこう)」です。

宇部鴻城高校は山口県宇部市際波的場に所在し、学校法人鴻城学園が運営する私立の学校です。

部活動は野球部と陸上競技部が全国大会への出場記録があり、野球部は山口県大会の常連校で過去にプロ選手を輩出したこともある有名校です。

山野力選手は宇部鴻城高校在籍時、陸上競技部に所属されていました。

【高校時代の主な戦績】

  • 2017年 山口県高校新人陸上 男子5000m 優勝
  • 2017年 中国高校新人陸上 男子5000m 優勝
  • 第4回 佐賀長距離記録会 予選13組 第10位
  • 福岡県長距離記録会 一般高校男子5000m7組 4位
  • 2017年 山口県読売駅伝 1区 4位

男子高校生陸上5000m平均タイムが17:29、現時点(2021年12月)での歴代高校生最速タイムが13:31.19なので、山野力選手は高校生の時に陸上競技の世界でもかなり早い部類の選手であることが分かりますね。

山野力の中学は?

山野力選手の出身中学は「宇部市立神原中学校」です。

神原中学校は公立の中学校で、山野力選手は神原中学校在籍時は陸上部に所属されていました。

主な活動成績は

  • 田島直人記念陸上競技大会 中学男子3000m決勝 欠場
  • 西部県大会 男子3000m 7位 9:32.41

などの上記記録が確認できましたが、それ以外の戦績は確認でませんでした。

欠場の記録でしたが大会の決勝に出場する高い実力は中学校の頃よりあったのですね。

山野力の小学校は?

山野力選手の出身小学校は「宇部市立神原小学校」です。

神原小学校は山口県宇部市神原町1丁目に所在し、上記でご紹介しました神原中学校と直線距離で約600mの距離にあります。

神原小学校での陸上の戦績は見当たりませんでしたが山野力選手は、

「小学校の時に、(当時)東洋大の柏原(竜二)さんが(箱根駅伝)5区山上りでゴボウ抜きをされているのを見て、かっこいいなと思って、それで陸上を始めました!」

と語られているように小学校時代より陸上競技に興味があったことは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は駒澤大学3年生で陸上競技部に所属する山野力選手の高校や中学についてまとめてみました。

  • 山野力選手の出身高校は「宇部鴻城高等学校」で陸上部に所属し県新人戦優勝などの実績を残す
  • 山野力選手の出身中学校は「宇部市立神原中学校」で陸上部に所属し大会の決勝に出場する実力をもっていた
  • 山野力選手の出身小学校は「宇部市立神原小学校」で観戦した箱根駅伝に出場していた東洋大学の柏原竜二選手に憧れ陸上競技に目覚める

2021年11月に開催された全日本大学駅伝で見事連覇を達成した駒澤大学陸上競技部。

残念ながらそのメンバーに山野力選手は選出されていませんでしたが、来たる2022年の箱根駅伝での出場に期待し、また活躍を願っています。

スポンサーリンク