箱根駅伝・駅伝

篠原倖太朗の高校中学は?

shinohara school
スポンサーリンク

篠原倖太朗の高校中学は?

駒澤大学1年の篠原倖太朗(しのはら こうたろう)選手、1年生ながら2022年箱根駅伝の6区に区間エントリーされました。

2021年9月の日本インカレでは、自己ベストを更新して2位に入って、2年エースの鈴木芽吹選手も、期待する後輩の名前として「自分が1年生のときよりできている」と篠原選手の名前を上げています。

卓球エースの張本智和選手に似てる?という噂も。

今回は、『篠原倖太朗の高校中学は?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

篠原倖太朗の高校中学は?

篠原倖太朗選手は、千葉県出身の誕生日が2002年9月3日の19歳(2021年12月)で、駒澤大学文学部1年生です。

上記画像の篠原倖太朗選手は、張本智和選手に似てますか?

駒澤陸上部なんでもランキング「陸上愛が強いのは?」では、1位の大八木監督に続いて選手では1番の2位で篠原倖太朗選手がランクインしている陸上を愛しているという篠原倖太朗選手。

ちなみに、なんでもランキング「陸上愛が強いのは?」の3位に田澤廉選手がランクイン。

そんな篠原倖太朗選手はどのような中学、高校時代だったのでしょうか?

篠原倖太朗の高校は?

篠原倖太朗選手の高校は、千葉県立富里高等学校です。

富里高校陸上部を指導者は、駒澤大出身で箱根駅伝5区区間賞を取った北原慎也先生で、卒業生には、富士通陸上競技部で活躍する佐藤佑輔選手、久我和弥選手がいます。

県立高校の陸上部でも強豪校なのですね。

そんな強豪陸上部で北原慎也先生の指導でどんどん実力が上がり、高校3年生のときには全国レベルの選手に急成長しています!

【篠原倖太朗選手の高校時代の戦績】

  • 2019年5月(高校2年) 千葉県総体 1500m 5位
  • 2019年6月(高校2年) 富里スイカロードレース 10000m 優勝
  • 2019年9月 (高校2年)千葉県高校新人大会 1500m 4位
  • 2019年11月(高校2年) 都道府県駅伝選考会 5000m 2位
  • 2020年10月 (高校3年)全国高校陸上 1500m 3位
  • 2020年10月 (高校3年)千葉県秋季陸上 5000m 2位

中学3年2020年10月には全国高校陸上 1500m に出場し全国で第3位の成績を収めて、山武市に表敬訪問をしています。

篠原倖太朗選手が駒澤大学に進学を決めた理由の1つが、高校時代に駒澤大出身の北原慎也先生の指導を受けていたことから、指導方法や練習が高校と似ているから、だそうです。

篠原倖太朗の中学は?

篠原倖太朗選手の中学は、千葉県にある山武市立山武中学校です。

篠原倖太朗選手は、山武中学校でも陸上に打ち込んでいました。

中学3年生のときに千葉県中学校陸上競技記録会で1500mで7位の成績を収めています。

中学時代は千葉県大会レベルだったのでしょうか。

やはり、高校で駒澤大OBの指導者と出会えたことが凄く幸運なことだったのですね。

スポンサーリンク

まとめ

篠原倖太朗選手は、高校中学についてお伝えしてきました。

  • 篠原倖太朗選手の高校は、千葉県立富里高等学校
  • 篠原倖太朗選手の中学は、千葉県にある山武市立山武中学校

富里高校で駒澤大OBの北原慎也先生から指導を受け高校3年間で全国大会で上位の成績を収めるほど急成長を遂げた篠原倖太朗選手。

駒澤大学に入学後も着実に自己ベストを更新し、強い部員が多い中1年生のときから三大駅伝の出雲駅伝に出走!

2022年の箱根駅伝でも区間エントリーされていますね。

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク