箱根駅伝・駅伝

白鳥哲汰の高校中学は?実力派若手イケメンランナー!

shiratori school
スポンサーリンク

白鳥哲汰の高校中学は?実力派若手イケメンランナー!

白鳥哲汰(しらとり てった)選手は駒沢大学の2年生で、陸上競技部に所属されています。

駒澤大学陸上競技部の2021年実績は、箱根駅伝優勝、出雲駅伝5位、全日本大学駅伝優勝(2020年に続き2連覇)などがあり、2022年箱根駅伝でも非常に注目の学校のひとつです。

そんな駒澤大学陸上競技部で1年生時に出場した2021年箱根駅伝優勝チームのメンバーでもある白鳥哲汰選手。

今回は2年連続で2022年の箱根駅伝に出場するか注目される白鳥哲汰選手の高校や中学、『白鳥哲汰の高校中学は?実力派若手イケメンランナー!』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

 白鳥哲汰の高校中学は?実力派若手イケメンランナー!

白鳥哲汰選手は2001年8月24日生まれの20歳(21年12月現在)、身長176cm・体重59kg、埼玉県春日部市の出身のイケメンランナーです!

現在、駒澤大学経済学部の2年生で2021年の箱根駅伝では1年生ながら1区を任されて出場しています。

駒澤大学陸上競技部のオフィシャル記録によると、1万メートルのタイムは部内で4位です。

多くの選手が所属する駒澤大学陸上競技部、その中でも1年生で箱根駅伝に出場できる実力がある選手なのですね。

今回は白鳥哲汰選手が高校時代や中学時代にどの様な陸上実績を残してきたのかを調べて、皆様にお伝えしますので是非ご覧ください。

白鳥哲汰の高校は?

白鳥哲汰選手の出身高校は「埼玉栄高等学校」です。

埼玉栄高校は埼玉県さいたま市西区西大宮3丁目に所在し、学校法人佐藤栄学園が運営する私立の学校です。

埼玉栄高校は部活動が盛んな学校であり、バドミントン、空手、柔道、ウェイトリフティング、レスリングが21年夏の全国大会へ出場し、冬の全国大会には駅伝、アメフト、バレーボール、スケート、アイスホッケー、フィギュア、バトンなどの競技が全国大会に出場する多種目での強豪校です。

駅伝部は2021年で5年連続して全国高等学校駅伝競走大会に出場する埼玉県を代表する強豪校で、21年の埼玉県予選では全区間で区間賞を獲得する素晴らしい成績を収めています。

白鳥哲汰選手の埼玉栄高校在籍時の主な戦績は

  • 2017年 全国高校駅伝 2区 9位
  • 2018年 国体 1組 12位
  • 2018年 全国高校駅伝 1区 1位
  • 2019年 高校伊那駅伝 1区 1位
  • 2019年 全国高校駅伝 1区 16位

などがあります。

2019年3月に開催された高校伊那駅伝では駅伝部の新しい主将として走り、1区の区間記録を7秒以上も更新しての区間新を達成。

やはり高校生の時から素晴らしい実力を持った選手だったのですね!

白鳥哲汰の中学は?

白鳥哲汰選手の出身中学校は「春日部市立豊野中学校」です。

豊野中学校は埼玉県春日部市銚子口に所在する公立の中学校です。

豊野中学校は公立の中学校ですが、バスケットボールぶとマーチングバンド部の活動が非常に盛んで、全国大会に出場する強豪校です。

白鳥哲汰選手は中学時代から陸上競技部で陸上競技を行っていました。

多くは確認出来ませんでしたが主な戦績は

  • 2016年 全日本中学校陸上競技選手権 3000m  3位
  • 2017年 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 2区11位

という戦績を確認できました。

中学校時代より全国大会への出場や、都道府県対抗駅伝のメンバー入りなどかなり優秀な成績を残されてますね。

白鳥哲汰の小学校は?

白鳥哲汰選手の出身小学校は残念ながら確認することが出来ませんでした。

出身中学校が春日部市立豊野中学校と判明してるので、豊野中学校の通学区内の小学校を書き出すと、

  • 春日部市立豊野小学校
  • 春日部市立藤塚小学校
  • 春日部市立牛島小学校

以上の3校が確認出来ました。

きっと白鳥哲汰選手も上記の小学校のどこかに通っていたのでしょうね。

白鳥哲汰選手の小学校時代の陸上戦績は確認出来ませんでしたが、小学校時代は野球をやっていたそうです。

きっとこの頃から足の速いスポーツ少年だったのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は駒沢大学の白鳥哲汰選手についてお伝えしました。

  • 白鳥哲汰選手の高校は、「埼玉栄高等学校」
  • 白鳥哲汰選手の中学校は「春日部市立豊野中学校」
  • ・白鳥哲汰選手の出身小学校は不明、小学校時代は野球をやっていた

来年の箱根駅伝のメンバーにノミネートはされている白鳥哲汰選手。

今年は1区で出場するも結果は15位に終わり、白鳥哲汰選手も非常に悔しい思いをしたそうです。

来年の箱根駅伝で今年の悔しい思いを是非晴らせるような素晴らしい走りに期待したいですね。

スポンサーリンク