箱根駅伝

丹所健はハーフ?世界を目指すムードメーカーのイケメンランナー

tansho half
スポンサーリンク

丹所健はハーフ?世界を目指すムードメーカーのイケメンランナー

出雲駅伝で怪我で調子を落としながらも6区で区間新を出して優勝に貢献した東京国際大学3年の丹所健(たんしょ・けん)選手。

顔つきが純日本人ではなくてイケメンと人気です。

今回は、『丹所健はハーフ?世界を目指すムードメーカーのイケメンランナー』についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

丹所健はハーフ?世界を目指すムードメーカーのイケメンランナー

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

丹所健選手は、東京国際大学の日本人選手の中でも特に実力があるエースで、かつチームのムードメーカー!

 

丹所健はハーフ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

丹所健選手は、ハーフです!

アメリカ人ハーフの上武大学駅伝部のスタッフの加藤ジョンさん(左)とナイジェリア人ハーフの上武大学2年生の山林レオ選手(右)と一緒に「ハーフ同盟」↓

丹所健選手はお父さんは日本人で、お母さんがコロンビア人で、とても美しい方のようです。

丹所健選手はハーフイケメンで、ひょうきんな性格のようで面白写真がたくさん!

丹所健のおもしろ写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

普段はひょうきんで面白い丹所健選手ですが、競技ではいたって真面目なエース!

2021年10月の出雲駅伝前に、「駅伝シーズンの目標は、個人としては3つの駅伝とも区間3位以内。出雲駅伝に関しては、初出場初優勝がチーム目標」と語っていた丹所健選手。

2021年出雲駅伝 では3区を走り、3位でタスキを受けてからトップへ!このときは区間2位でしたが、チームは出雲駅伝初出場で初優勝という快挙達成に貢献しています。

続く、2021年全日本大学駅伝 では6区を走り区間1位!

有言実行の丹所健選手は、ゆくゆくは実業団で世界を目指しています!

スポンサーリンク

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emi Sato(@hiyoko34)がシェアした投稿

丹所健選手は父親が日本人、母親がコロンビア人のハーフで、普段はムードメーカーでひょうきんな面白い性格で、面白い写真もご紹介しました。

世界を目指す東京国大大学の日本人エースの丹所健選手、2022年の箱根駅伝でも活躍が楽しみです。

今後の活躍を期待しています!

tansho ken school
丹所健の進路や高校中学は?コツコツ努力の日本人エース丹所健の進路や高校中学は?コツコツ努力の日本人エース! 東京国際大学3年の日本人エースで注目されている丹所健(たんしょ けん)選手...
スポンサーリンク