箱根駅伝

今井隆生の学歴は?31歳中学教師ランナーの面白い経歴!

imai profile
スポンサーリンク

今井隆生の学歴は?31歳中学教師ランナーの面白い経歴!

中学教師を休職して去年(2020年)4月に駿河台大に3年生として編入して、31歳で駅伝選手になり2022年の箱根駅伝にエントリーされて、話題になっていますね。

今回は、『今井隆生の学歴は?31歳中学教師ランナーの面白い経歴!』についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

今井隆生の学歴は?31歳中学教師ランナーの面白い経歴!

今井隆生選手は、出身地は東京都保谷市(現・西東京市)、誕生日が1990年8月31日の31歳(2021年12月現在)、駿河台大学心理学部の4年生です。

1年生とは11歳も年の離れたお兄さん的存在の今井隆生選手は、学生たちの精神的に良い影響を与えまくっています。

そんな異色のランナー今井隆生選手の学歴、経歴をご紹介しますね。

今井隆生の学歴・経歴は?

今井隆生選手の学歴・経歴を下記にご紹介します。

どのように中学教師の駅伝ランナーが誕生するのか興味深いですよね。

【今井隆生選手の学歴・経歴まとめ】

  • 2006年4月~2009年3月 大泉高校卒業
  • 2009年4月~2013年4月 日本体育大学卒業
  • 2013年(23歳)トライアスロン実業団チームのケンズ入団
  • 2015年(24歳)臨時採用で教師開始
  • 2016年(25歳)トライアスロン現役引退
  • 2016年(26歳)埼玉県の教員採用試験に合格
  • 2017年4月(27歳)飯能市内の中学校で体育教師として働き始める
  • 2020年4月(29歳)教員3年目で求職 駿河台大学3年生に編入学
  • 2022年1月(31歳)駿河台大4年で箱根駅伝エントリー

どのような、高校、大学時代を過ごしたのでしょうか?

今井隆生の高校や大学時代は?

今井隆生選手の高校は、東京都立大泉高校です。

今井隆生選手は、中学から陸上をやっていて大泉高校でも陸上部に所属していました。

高校3年夏に北京オリンピックがあり、井出樹里選手が日本人トライアスロン選手として初めて5位入賞を果たした姿を見てトライアスロンをやりたいと決意。

トライアスロン部のある日本体育大学に進学し、トライアスロン部に入部します。

大学3、4年生の時には関東学生トライアスロン選手権で準優勝を果たし、日本学生選抜にも2度出場!

日本体育大学では、トライアスロン部に所属しながらも保健体育の教員免許も所得!

有言実行で自分で決めたことはやり遂げるところは昔からなのですね。

今井隆生の実業団時代から中学教師まで

今井隆生選手は日体大卒業後は、2013年にトライアスロン実業団チームのケンズ入団します。

日本トライアスロン選手権でも上位になれる力をつけたいと考えてのこと。

井出樹里選手など国内トップ選手とともに練習を重ねた1年目に、関東トライアスロン選手権と日本デュアスロン選手権 U23で優勝し、ITU世界デュアスロン選手権 U23では8位入賞!

しかし目標としていた日本トライアスロン選手権では23位で壁にぶちあたり、練習を重ねても10位以内に入る姿が想像できなかったと語っています。

飯島監督に「トライアスロンでは食べていけないから、他の道を考えた方がいい」と声をかけられ、2016年に日本トライアスロン選手権を最後にトライアスロン現役を引退します。

実業団3年目の2015年からは実業団に所属しながら臨時採用で教師を開始しています、このときには、既に教員採用試験の勉強を開始していたのでしょうか。

翌年2016年に実業団を去ってからすぐに、埼玉県の教員採用試験に合格しています!

もともとの夢として体育教師になりたい、と思っていて、夢に向かってどういう状況でもコツコツと頑張っている姿が凄い!の一言です。

今井隆生の中学教師時代となぜ駿河台大?

トライアスロン引退した2016年の教員採用試験に合格した今井隆生選手は、2017年4月から飯能市内の中学校で体育教師として働き始めます。

保険体育の先生で、陸上部の顧問も務めています。

この時の今井隆生選手の教え子に、同じく箱根駅伝にエントリーされている大学3年の永井竜二選手がいます。

陸上部で顧問と生徒の関係だったのが、現在(2021年12月)はチームメイト、面白いですね!

中学教師は特に不登校の生徒への対応など難しいことが多くて、自分が教わってきたことを生かそうとしても難しかったと語っています。

僕はある種の根性論で鍛えられてきたけど、今の子どもたち、さらに次の子どもたちにはもっと寄り添った指導が求められています。だから教育相談やカウンセリングなどを学ぼうとしたら、今が最後のチャンスじゃないかって思ったんです。 出典:4Years

実業団時代から親交のあった駿河台大駅伝部の徳本一善監督(42)に相談し、「心理学を学んでみたら」とアドバイスを受け、県の休業制度を利用して2020年4月、駿河台大に3年生として編入します。

駿河台大駅伝部の徳本一善監督には偶然、2014年のトライアスロン試合会場で出会い、「走る練習がしたいんだったら、うちのグラウンドに来てもいいよ」と言うことで、週末、学生たちのそばでときには徳本監督にも指導してもらいながら今井もグラウンドを走っていたのだそう。

今井隆生選手は、入学すると、徳本監督から「部員として走ってみないか」と声をかけられ、箱根を走ってみたいという気持ちは抑えられず「後悔はしたくない」と入部を決意しました。

スポンサーリンク

まとめ

今井隆生選手の学歴と経歴についてお伝えしてきました。

  • 2006年4月~2009年3月 大泉高校卒業
  • 2009年4月~2013年4月 日本体育大学卒業
  • 2013年(23歳)トライアスロン実業団チームのケンズ入団
  • 2016年(25歳)トライアスロン現役引退
  • 2017年4月(27歳)飯能市内の中学校で体育教師として働き始める
  • 2020年4月(29歳)教員3年目で求職 駿河台大学3年生に編入学

最初で最後の箱根駅伝には精神的な柱として出走するのが濃厚な今井隆生選手。

2つ目の夢である箱根駅伝出場もかなえて、2022年には晴れ晴れとして中学教師に復職できますね。

それにしても埼玉県の自己啓発等休業制度の2年間をここまで充実させるのは凄いです!

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク