箱根駅伝

山口賢助の進路や高校中学は?

yamaguchi school
スポンサーリンク

山口賢助の進路や高校中学は?

早稲田大学4年生の山口賢助(やまぐち けんすけ)選手は、2021年の箱根駅伝の10区を走り、4校による6位争いを制し、見事にフイニッシュテープをきりました。

今回は、『山口賢助の進路や高校中学は?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

山口賢助の進路や高校中学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

カナミ(@knm_3150)がシェアした投稿

山口賢助選手は、鹿児島県日置市の出身の誕生日が1999年5月3日の22歳(2021年12月現在)で、早稲田大学文学部の4年生です。

2021年の箱根駅伝で、4校の大学で6位とシート権争いになった時は、不安一杯で走っていた、ここで、頑張ったら、記憶に残る場面だと思い、大手町を目指して走ったと話しています。

そして、出身高校で初めての箱根ランナーで、鶴丸高校の名前がテレビに出た事が嬉しかったようですね。

コロナの影響で早稲田大学で練習できない時期があり、故郷の日置市に帰省し、日置市の県下一周駅伝チームの選手達と練習していた時期があり、走っていると、「箱根又走ってね」や「頑張ってね」声掛けがあり嬉しかったようです。

【早稲田大学での山口賢助選手の成績】

  • 2019年 大学2年 学生ハーフ(1組・90位)
  • 2020年 大学3年 早稲田長距離競技会 10000m(3組・5位)
  • 2020年 大学3年 全日本大学駅伝(8区・6位)総合結果6位
  • 2021年 大学3年 箱根駅伝(10区・7位)総合結果6位
  • 2021年 大学3年 全日本大学駅伝(8区・9位)総合結果6位

指定推薦入学で入った早稲田大学でしたが、大学3年の早稲田大学長距離競技会での5位が自信になり、箱根駅伝での競り合いにも勝つ事ができました。

山口賢助選手は大食いで有名で、寮の食事をチームの仲間から分けてもらったり、お寿司を最高80貫食べた事があったり、先輩に焼肉も10回ほど奢って貰ってるなど、面白エピソードも。

そんな山口賢助選手の進路が発表されました。

山口賢助の進路は?

山口賢助選手の進路は、トヨタ自動車九州です。

トヨタ自動車陸上部とトヨタ自動車九州陸上部の二つのチームがあり、どちらも、ほぼ毎年出場している強豪チームです。

チームのメンバーには、今井正人選手、奥野翔弥選手等が在籍していて、トヨタ自動車九州も、10位内に順位を保っています。

山口賢助選手の、新春の群馬路を翔け抜ける姿を楽しみに待ちましょう。

山口賢助の高校は?

turumaru 1出典:Twitter

山口賢助選手の高校は、鹿児島県立鶴丸高校です。

鶴丸高校は、鹿児島県において、ラサール高校と東大合格率を争うほどの県立では一番の進学校です。

勉強のレベルが高く又課題が多く空いた時間を作り陸上をするのは凄くきつかった、と山口賢助選手は高校時代を振り返っています。

そんな山口賢助選手は、都大路高校駅伝については、鹿児島実業高校という強豪校に阻まれて出場はできなかったですが、鹿児島県大会や高校総体で頑張って記録も上っていますね。

【高校時代の山口賢助選手の戦績】

  • 2015年 高校1年 都大路高校駅伝鹿児島大会(1区・11位)総合結果11位
  • 2016年 高校2年 都大路高校駅伝鹿児島大会(1区・4位)総合結果11位
  • 2016年 高校2年 高校総体 5000m 決勝4位
  • 2017年 高校3年 高校総体 5000m 決勝3位
  • 2017年 高校2年 都道府県対抗駅伝大会(4区・28位)総合結果13i位

住友重工所属の永山博基選手の走りを見て、こんなインパクトのある記憶に残る走りを、自分もしたいと思い頑張れたと話しています。

山口賢助の中学は?

山口賢助選手の中学は、日置市立伊集院北中学校です。

伊集院北中学校は、伊集院の郊外にあり、自然環境に恵まれた所にあります。

中学時にテレビで見た、箱根駅伝に憧れ、本格的に中学から陸上を始めた山口賢助選手です。

中学では陸上部に所属して、中学2年では県トップレベルに、中学3年時には九州トップレベルに成長しています!

【中学時代の山口賢助選手の戦績】

  • 2013年 中学2年 鹿児島県中学陸上大会 1500m 12位
  • 2014年 中学3年 鹿児島県中学陸上大会 3000m 1位
  • 2014年 中学3年 全九州中学校陸上競技会 3000m 5位
  • 2014年 中学3年 鹿児島県中学校駅伝大会(1区・1位)総合結果5位

早稲田大学への入学の為に、進学率の高い鶴丸高校受験と陸上の練習で、遊びの時間もなく、陸上に取り組んでいた山口賢助選手でしたが、どちらも将来の目標だったと話しています。

山口賢助の小学校は?

山口賢助選手の小学校は、日置市立伊集院北小学校か妙円寺小学校かのどちらかのようですね。

伊集院には、島津義弘公の墓所があり、毎年命日にお参りする妙円寺参りが開催されています。

その時に、妙円寺参りマラソンが行われているので、山口賢助選手も小学校の同級生と参加していると思いますが、仮装もしたりして、同級生や家族と楽しく走るマラソン大会ですので、成績の記録は無いようです。

スポンサーリンク

まとめ

山口賢助選手の進路、高校中学などの学歴についてご紹介しました。

  • 山口賢助選手の進路は、トヨタ自動車九州
  • 山口賢助選手の高校は、鹿児島県立鶴丸高校
  • 山口賢助選手の中学は、日置市立伊集院北中学校
  • 山口賢助選手の小学校は、日置市立伊集院北小学校か妙円寺小学校のどちらかのようです。

中学時テレビ観戦した箱根駅伝に憧れ早稲田大学入学と箱根ランナーになりたいという目標を持ち、勉学と陸上を頑張ってきた山口賢助選手でした。

大学3年時の箱根駅伝で、10区を任され、4大学との競り合いの結果総合6位となり、喜びのゴールテープを切れました。

地元からは、鶴丸高校生が箱根ランナーになったと喜びと驚きの声があがりました。

山口賢助選手自身、記憶に残るような走りをして、優勝を宣言していますので、2022年の箱根駅伝の活躍を楽しみにしています。

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク