未来への10カウント

山田杏奈は頭いい高校出身で大学は?

yamada anna school
スポンサーリンク

山田杏奈は頭いい高校出身で大学は?

見た目の可愛さだけでなく、確かな演技力で注目される若手女優の山田杏奈(やまだ あんな)さん。

彼女がお芝居だけでなく、勉強も得意であることをご存じでしたか?

今回は、『山田杏奈は頭いい高校出身で大学は?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

 山田杏奈は頭いい高校出身で大学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田杏奈(@anna_yamada_)がシェアした投稿

山田杏奈さんは、埼玉県出身で2001年1月8日生まれの21歳(2022年4月現在)です。

10歳のときに「ちゃおガール☆2011オーディション」でグランプリを受賞したことをきっかけに芸能界に入り、既に芸歴10年を迎えています。

ここ数年で映画やドラマで主要人物を演じる機会が急増し、「次世代ヒロイン」や「ネクストブレイク」として高く評価されている女優さんです。

CMで見かけた記憶があるという方も多いのではないでしょうか。

山田杏奈の高校は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田杏奈(@anna_yamada_)がシェアした投稿

山田杏奈さんの高校は、浦和第一女子高校です。

浦和第一女子高校は、さいたま市浦和区にある進学校で、偏差値は72とかなりのレベルであることから、山田杏奈さんが頭いいというのは間違いないですね。

本人もインタビューの中で「中学生の頃に勉強にはまって、頑張って受験した」と答えていたことがあり、当時はかなり勉強に励んでいたのが分かります。

学生時代に特にやんちゃな経験もなく、優等生だったようです。

しかし山田さんは10歳から芸能活動をしていて、高校では部活動に入らず仕事のために多くの時間を割いていたとのこと。

【山田杏奈さんの高校時代の出演作】

  • 映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(2016年6月)※映画初出演
  • 映画『ミスミソウ』(2018年4月)※映画初主演
  • ドラマ『幸色のワンルーム』(2018年7月~9月)※ドラマ初主演
  • 映画『21世紀の女の子「恋愛乾燥剤」』(2019年2月)※主演

上記のように主演として演じた作品も多く、ここに挙げた以外にも数多くの作品に参加されています。

まさにどんどん仕事が決まり、本格的に女優としてステップアップしていった時期といえそうです。

女優の仕事が忙しくなったことで、ついには高校卒業に必要な単位を取ることができなくなってしまい、山田さんは高校3年生の時に通信制高校へ転校して卒業されています。

山田杏奈さんが頭いい高校で卒業に至らなかったのはもったいない気もしますが、それだけ女優としての実力を伸ばしたのだといえるでしょう。

当時を振り返って、「学生生活に必死になれていなかった」と語ったこともある山田さん。

ですが転校までの間には、クラス対抗の効果の歌合戦で歌ったり、台湾への修学旅行に参加して楽しかった思い出があるようで、等身大の女子高生として楽しんだ時間も確かにあったようです。

山田杏奈の大学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田杏奈(@anna_yamada_)がシェアした投稿

山田杏奈さんは頭いい高校出身ですが、大学進学はしていません。

高校2年生までは大学進学を考えていたようですが、その後、女優を本業としてやっていく決意を固めたとのこと。

高校卒業後から親元を離れて、一人暮らしをしながら仕事に専念されています。

それまでは勉強も大事にしつつ芸能活動をしていた山田さんは、仕事について放課後の習い事のように感じていたこともあったようですが、学生でなくなってからは仕事への意識が変わったそうです。

普段から映画やドラマなどの作品をたくさん見たり、自分自身の印象的な経験はメモに取るなどして演技に活かせるように努力しているのだとか。

こういったところにも、山田杏奈さんの頭いい、真面目な性格が表れているようですね。

山田杏奈の中学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田杏奈(@anna_yamada_)がシェアした投稿

山田杏奈さんの中学を公表していませんが、埼玉県鴻巣市内の公立高校に通っていたようです。

中学に入るころには、少女漫画雑誌『ちゃお』の専属モデルである「ちゃおガール」としてモデルの活動を中心としていました。

ちゃおガールオーディション当時は10歳で小学5年生だった山田さんですが、オーディション応募の理由は意外にも「グランプリ商品のニンテンドー3DSが欲しかったため」なのだとか。

10歳の子どもらしい、素朴でかわいい理由ですね。

芸能界や女優への憧れとは別の理由がきっかけではあったものの、その後は事務所のレッスンなどを通して演じることの楽しさを見つけていったようです。

そして2013年中学1年生の時に、ドラマ『刑事のまなざし』に出演して女優デビュー。

その後、中学3年生の時には映画初出演となる『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の撮影に参加し、そのために体育祭に出られなかったといいます。

この頃既に、女優として確かに歩み始めていたのですね。

【山田杏奈さんの中学時代の出演作】

  • ドラマ『刑事のまなざし』(2013年10月~12月)※ドラマ初出演
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』第1話(2015年1月)
  • ドラマ『忘れない・・・にいちゃんのランドセル』(2015年1月)
  • 『Let’s天才てれびくん』(2015年1月)

しかし一方では高校受験のため一生懸命勉強していて、移動時間なども利用しながら下校後5・6時間、休日は12時間も机に向かったのだとか。

英語が得意で数学は苦手だったようですが、ここまで真剣に勉強できたなら問題ありませんよね。

このように中学時代の山田杏奈さんは、仕事と勉強の両立がしっかりとできていたようです。

スポンサーリンク

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田杏奈(@anna_yamada_)がシェアした投稿

山田杏奈さんが頭いい高校出身であることや、その前後の経緯についてご紹介しました。

  • 山田杏奈さんの高校は、浦和第一女子高校
  • 山田杏奈さんは大学進学せず、女優業に専念
  • 山田杏奈さんの中学は、埼玉県鴻巣市内の公立中学校

21歳という若さでありながら既に芸能活動のキャリアは長く、着実に女優としての実力を伸ばしている山田杏奈さん。

2022年11月には初めて舞台でのお芝居にも挑戦されるとのことで、今後ますます活躍の場が広がるのは間違いなさそうです。

山田杏奈さんの今後に期待しています!

スポンサーリンク