俳優・女優

和合由依の中学などの経歴は?表現力凄い夢は女優の中学生

wagou yui (1)
スポンサーリンク

和合由依さんの中学などの経歴は?表現力凄い夢は女優の中学生!

パラリンピック開会式の『片翼の小さな飛行機』の主役で世界中から演技力を絶賛されている和合由依(わごう ゆい)さん。

今回は、『和合由依の中学などの経歴は?表現力凄い夢は女優の中学生』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

和合由依の中学などの経歴は?表現力凄い夢は女優の中学生

和合由依さんは、13歳の中学2年生(2021年8月)で、生まれつき下半身と左手に障害があります。

そんな和合由依さんは、一般公募のオーディションで、約800人の応募者の中から、審査員満場一致で主役に選ばれた逸材!

和合由依の中学は?

和合由依さんは、東京都内の中学校に通っています。学校では生徒会の役員を務めるなど、好奇心旺盛で、何事にもチャレンジする姿勢を大事にしているそうです。

日本テレビの大竹真アナウンサーの娘さんと小学校のときから同級生のようです。

大竹アナの娘さんは、「和合さんが頑張っている姿を間近で見ていていつも元気をもらっている」と和合さんに感謝をしているそうです。

和合由依の夢は女優!

和合由依さんのオーディションの志望理由が、「お世話になっている介助の先生や学校の先生に恩返ししたい」といいます。

開会式の演出トップのディレクター、ウォーリー木下さんは、和合さんについて、

和合由依さんは、開会式の練習すべてが「楽しかった」と語り、「まわりのパフォーマーの方たちを見て感動することも多くて、自分がその場にいられるってすごいことだなとワクワクしていました。そういう人たちと今回出会えたことは奇跡だと思うから、大切にしたい」「今の自分を見て欲しい」と約半年間のトレーニングをして本番へ。

大役を終えて、夢が生まれたそうです。「最初は演技経験がなくて不安だったけど、みんなで一つのものを作るのは素晴らしいと思った。将来は、演技の仕事についてみたいな」と語る和合由依さん。

車いすに乗っているという特徴を持った、表現力に富んだ素晴らしい女優さんですね。

スポンサーリンク

まとめ

総合演出を手がけたウォーリー木下さんも「笑顔が素敵で、表現に貪欲な子。彼女にきっと日本中、世界中が魅了される」と絶賛している和合由依さん。

車いすに乗った女優さんの今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク