箱根駅伝

鶴川正也の中学高校は?本格始動して1年で大会優勝の大型ルーキー

tsurukawa school
スポンサーリンク

鶴川正也の中学高校は?本格始動して1年で大会優勝の大型ルーキー

青山学院大学1年生の大型ルーキーと期待されている鶴川正也(つるかわ まさや)選手。

2021年6月に行われたU20日本選手権5000mで優勝して好調です。

今回は、『鶴川正也の中学高校は?本格始動して1年で大会優勝の大型ルーキー』についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

鶴川正也の中学高校は?本格始動して1年で大会優勝の大型ルーキー

 

この投稿をInstagramで見る

 

ʀʏᴏ(@ty._.ryo)がシェアした投稿

鶴川正也選手は、熊本県出身の2002年度生まれで、青山学院大学総合文化政策学部
総合文化政策学科の1年生(2021年11月)です。

中学2年生から本格的に陸上を始めて、高校では素晴らしい成績を収めてきた鶴川正也選手。

どんな中学、高校時代だったのでしょうか?

鶴川正也の中学は?

鶴川正也選手の中学は、熊本市立託麻中学校です。

託麻中学校は公立中学ですが、部活動が盛んでサッカー部は強豪のようで、鶴川正也選手も中学2年生まではサッカー部に所属してサッカーを頑張っていました。

中学2年生の夏から陸上部に所属して陸上を本格的に始めたようですが、中学3年生の頃には、都道府県駅伝やジュニアオリンピックなどで良い成績を収めています。

  • 2017年10月 ジュニアオリンピック陸上 3000m決勝 3位

  • 2017年12月 甲佐10マイル公認ロードレース5.0㎞ 優勝
  • 2018年2月 都道府県駅伝2区 区間3位

本格的に陸上を始めて1年と経たずに結果を残していて、サッカー部で走っていたとはいえ、凄い才能ですね。

鶴川正也の高校は?

鶴川正也選手の高校は、熊本市の私立九州学院高校です。

九州学院高校の陸上競技部は、数多くのオリンピック選手を輩出するなど、歴史と伝統のある部です。

そんな陸上強豪校で鶴川正也選手は着実に力を着けて、高校1年生から素晴らしい成績を収めています。

  • 2018年10月(高校1年) 国民体育大会 3000m 優勝
  • 2018年12月(高校1年)第69回全国高等学校駅伝競走大会 6区 区間3位
  • 2019年8月(高校2年) 全国高校総体 5000m 7位

 

  • 2019年10月(高校2年) 第74回国民体育大会 5000m(13:58.62) 準優勝

  • 2019年12月(高校2年)第70回全国高等学校駅伝競走大会 1区 区間3位
  • 2020年1月(高校2年)第25回全国都道府県駅伝 1区 区間4位
  • 2020年12月(高校3年)第71回全国高等学校駅伝競走大会 1区 区間1位

2020年12月の都大路では洛南、浜松商業との競り合いからラストで持ち前のスピードを見せて1区区間賞を獲得!

九州学院高校時代は、高校トップクラスの実力を誇った鶴川正也選手、青山学院大学に進学してますます楽しみになってきましたね。

スポンサーリンク

まとめ

鶴川正也選手の中学高校についてご紹介してきました。

  • 鶴川正也選手の中学は、熊本市立託麻中学校
  • 鶴川正也選手の高校は、熊本市の私立九州学院高校
  • 鶴川正也選手は現在青山学院大学総合文化政策学部総合文化政策学科の1年生

中学2年生のときにサッカー部から陸上部に転部して本格的に陸上を始めて、中学3年生ではジュニアオリンピック優勝をしてしまう凄い才能の鶴川正也選手。

青山学院大学では同じくスーパー高校生だった5人(若林、太田、白石、田中、野村)と共に実力派ルーキー6人として注目されている鶴川正也選手。

まずは、2022年の箱根駅伝での活躍を見たいですね。

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク