箱根駅伝

鈴木聖人の進路や高校中学は?兄の思いを胸に山登りに挑んだランナー

suzuki school
スポンサーリンク

鈴木聖人の進路や高校中学は?兄の思いを胸に山登りに挑んだランナー

2020,2021年と箱根駅伝山登りの5区に果敢に挑戦した明治大学4年生の鈴木聖人(すずき きよと)選手、

最終学年なので、2022年以降の進路が気になる頃ですね。

今回は、『鈴木聖人の進路や高校中学は?兄の思いを胸に山登りに挑んだランナー』についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

鈴木聖人の進路や高校中学は?兄の思いを胸に山登りに挑んだランナー 

鈴木聖人選手は、茨城県日立市の出身の誕生日が1999年12月24日の22歳(2021年11月現在)です。誕生日がクリスマスイブなんですね!

鈴木聖人選手は、好きな食べ物は、プルコギと言っていますが、サーティワンのアイスクリームケーキが新発売され喜んでいます。誕生日の御馳走はプルコギとケーキですかね?

そして、鈴木聖人選手は大の動物好きのようで、鈴木聖人選手のTwitterには、合宿所でコーギーと戯れたり、色々な犬の画像が満載です。

そんな普段は普通の大学生の素顔を持つ鈴木聖人選手は、現在、明治大学政治経済学部政治学科の4年生です。

大学1年生から、明治大学でのエースとして期待されたランナーでした。大学1年で、箱根駅伝の一区にエントリ―されるなんて、有望なランナーだったのですね。

明治大学での戦績
  • 全日本大学駅伝2018年 大学1年(1区・15位)
  • 箱根駅伝2019年 大学1年(1区・13位)
  • 全日本大学駅伝2019年 大学2年(7区・5位)
  • 箱根駅伝2020年 大学2年(5区・5位)
  • 全日本大学駅伝2020年 大学3年(8区・5位)
  • 箱根駅伝2021年 大学3年(5区・9位)
  • 全日本大学駅伝2021年 大学4年(6区・4位)

大学1年時は、良い記録は、残せていませんが、徐々に記録も伸びて、大学4年生となった最近では、明治大学のエースになっています。

そんな鈴木聖人選手の進路が発表されました。

鈴木聖人の進路は?

鈴木聖人選手の進路は、旭化成です。

旭化成陸上部は1946年創部で、全日本実業団駅伝は最多の25回優勝している強豪チームで、オリンピック選手も、多数輩出していて、明治大学の先輩も在籍しています。

鈴木聖人選手には、正樹さんという2歳年上のお兄さんがいて、同じく陸上の選手でした。

正樹選手は、同じ高校の陸上部を卒業後東京国際大学に進学しましたが、結果が残せず、故障続きで、三大駅伝には、エントリ―出来ませんでした。大学卒業後は陸上を引退し、一般会社に入社しています。

鈴木聖人選手の思いは、お兄さんも陸上を続けて欲しかったようで、「自分のライバルは兄正樹」と話しています。

旭化成へ進むことで「誇れる弟になりたい」思いがあったようですね。

これからも、お兄さんの存在は、精神面での支えとなる事でしょうね。

鈴木聖人の高校は?

鈴木聖人選手の高校は、茨城県水戸市にある私立水城高校です。

兄の正樹選手も同じ水城高校で、兄と一緒に都大路高校駅伝を走りたかったので、この高校への進学を決めたようです。

水城高校駅伝部は全国レベルでは無いですが、茨城県においては、17回程都大路高校駅伝に出場している高校です。

高校から陸上部に所属して本格的に陸上を始めましたが、高校1年生の時に兄正樹選手とともに全国高校駅伝に出場します。

正樹選手が2区で、鈴木聖人選手が3区を走り、兄弟でのタスキリレーが実現しましたが、鈴木聖人選手は区間38位と出遅れ、チームの順位を落としてしまいました。

順位を落とす結果に兄を笑顔で卒業させられなかった事は、悔しい思いだったようですね。

その後着実に力を着けて、高校3年2017年の日体大記録会では、茨城県高校新記録も!

大学も駅伝の名門の明治大に進みます。

鈴木聖人の中学は?

鈴木聖人選手の中学は、日立市立平沢中学校です。

鈴木聖人選手は、中学校ではサッカー部に所属して、サッカー部のキャプテンを務めていました。

体力づくりの一環として陸上をはじめたのですが、県大会で優勝した事がきっかけで、高校で陸上を本格的に始めようと決めました。

サッカーをしていた選手が、いきなり陸上大会に出て、トップなんて、ドラマの世界ですよね。

才能の片鱗を見せる、エピソードですね。

そして、兄正樹選手と一緒に都大路高校駅伝を走りたい気持ちが強く水城高校へ進学しました。

スポンサーリンク

まとめ

鈴木聖人選手の進路、中学高校などの学歴について紹介してきました。

  • 鈴木聖人選手の進路は、旭化成
  • 鈴木聖人選手の高校は、水城高校
  • 鈴木聖人選手の中学は、平沢中学校

中学までは、サッカー部に所属し、体力づくりで始めた陸上で、大会でトップを取った事をきっかけとして、高校から、本格的に陸上を始めた鈴木聖人選手でした。

聖人選手は旭化成への進路を決めています。

陸上を辞めた兄の思いを胸に昨年も、箱根駅伝5区の山登りに挑戦したのだと思います。

2022年の箱根駅伝、兄の正樹選手の思いを胸に山登りが楽しみです。

今後の活躍を期待しています

スポンサーリンク