箱根駅伝

太田蒼生の高校や中学は?青学の新世代ルーキーの一人!

ohta school
スポンサーリンク

太田蒼生の高校や中学は?青学の新世代ルーキーの一人!

青山学院大学1年の太田蒼生(おおた あおい)選手、U20(20歳以下)日本選手権5000mで2位の青学の新世代ルーキーの一人です。

今回は、『太田蒼生の高校や中学は?青学の新世代ルーキーの一人!』についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

太田蒼生の高校や中学は?青学の新世代ルーキーの一人!

ohta 1出典:Instagram

太田蒼生選手は、福岡県出身の誕生日が2002年8月26日の19歳で、青山学院大学ミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年生(2021年12月現在)です。

青山学院大学の先輩は強い選手が多く、大学に入ってからまだ三大駅伝への出走はできていませんが、トラックでは上位入賞をしています。

  • 兵庫リレーカーニバル5000m2021年 (1組・2位)
  • 日本学生陸上競技個人選手権5000m2021年 (2組・13位)

そんな太田蒼生選手は中学、高校時代はどんな選手だったのでしょうか?

太田蒼生の高校は?

太田蒼生選手の高校は、大牟田高校です。

大牟田高校は、陸上競技部の他に駅伝部があり、太田蒼生選手は駅伝部に所属し、高校1年生から全国高校駅伝に出走していました。

  • 2018年(高校1年)全国高校駅伝  6区・10位(4人抜き)
  • 2019年(高校2年)福岡県高校駅伝 2区・区間賞

  • 2019年(高校2年)全国高校駅伝  4区・6位(5人抜き)
  • 2020年(高校3年)福岡県高校駅伝(1区・2位)
  • 2020年(高校3年)全国高校駅伝 (1区・10位)

その他インターハイでも5000mなどで上位入賞が多数!

高校時代から良い成績を収めていた太田蒼生選手、青学大の原監督から「大学1年生で箱根駅伝の選手になれたら”スーパースター”になれる」と言われたとか。

太田蒼生の中学は?

太田蒼生選手の中学は、篠栗北中学校です。

篠栗北中学校には陸上部があるので、太田蒼生選手も陸上部に所属して、3000mなどで全国大会に出場しています。

県大会では優勝もしていて、県ではトップレベルだったんですね!

  • 2017年第44回全日本中学校陸上競技選手権大会 3000m 17位
  • 2018年ロングディスタンストライアル in 嘉穂 3000m(3組) 優勝

中学時代から全国大会に出場する選手だった太田蒼生選手、箱根駅伝はいつ頃から目指すようになったのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

太田蒼生選手の高校や中学についてお伝えしてきました。

  • 太田蒼生選手の高校は、大牟田高校
  • 太田蒼生選手の中学は、篠栗北中学校

中学時代から全国大会に出場するランナーだった太田蒼生選手。

エース級のランナーが多い青山学院大学で1年生から箱根駅伝に出走できるのは難しそうですが、まだ分かりませんね。

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク