箱根駅伝

野村優作の進路や高校中学は?憧れの姉に支えられ羽ばたいたランナー

yusaku school
スポンサーリンク

野村優作の進路や高校中学は?憧れの姉に支えられ羽ばたいたランナー!

順天堂大学3年生の野村優作(のむら・ゆうさく)選手、2021年の全日本大学駅伝5区、2位で順天堂大学のエースとしての自信を付け羽ばたいた努力のランナーですね。

今回は、『野村優作選手の進路や高校中学は?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

野村優作の進路や高校中学は?憧れの姉に支えられ羽ばたいたランナー!

 

この投稿をInstagramで見る

 

順大男子長距離(@juntendo_ekiden)がシェアした投稿

野村優作選手は、和歌山県田辺市の出身の誕生日が2000年3月8日の21歳(2021年12月現在)、順天堂大学スポーツ健康科の3年生です。

最近の順天堂大学は、三大駅伝でも中々上位の成績が取れない状態で、2021年の箱根駅伝は予選会からの出場でした。

野村優作選手は、「予選会で、順天堂大学が2位の成績だったのは自信になった」「2021年の箱根駅伝でのエース区間の2区へのエントリ―は、嬉しい気持ちとエースとしての自覚を持った」と話してします。

厳しい結果に、一層の奮起をした事でしょうね。

【順天堂大学での成績】

  • 2019年 大学1年 出雲駅伝(5区・13位)総合結果8位
  • 2020年 大学2年 全日本大学駅伝(4区・3位)総合結果8位
  • 2021年 大学2年 箱根駅伝 (2区・10位)総合結果7位
  • 2021年 大学3年 出雲駅伝 (3区・16位)総合結果10位
  • 2021年 大学3年 全日本大学駅伝 (5区・2位)総合結果3位

趣味は不明なのですが、好きな食べ物はお寿司みたいで、スシローに行きたいと叫んでいます。

カレーも好きみたいです、カレーを食べて、「オツカレー」とダジャレ、明るく楽しい性格みたいですね。

そんな野村優作選手の進路が気になりますね。

野村優作選手の進路は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

とむ。(@t.run01)がシェアした投稿

野村優作選手の憧れの選手は、富士通で活躍している塩尻和也選手です。

順天堂大学時代から日本の代表選手として活躍している塩尻和也選手は、野村優作選手にとっても特別な存在の様ですね。

富士通は今年の実業団駅伝で優勝を果たしました。

野村優作選手が、活躍の場としては、良い環境ではないでしょうか。

一年後の進路の発表が楽しみですね。

野村優作選手の高校は

野村優作選手の高校は、和歌山県立田辺工業高校です。

昭和38年開校で、世界遺産の熊野古道に近く、工業高校としては、和歌山県では一番最初の高校みたいですね。「物づくりは人づくり」の校訓の基、物づくりのスペシャリストを育てる高校です。

田辺工業高校には、長距離選手を育てる指導者がいると聞き、進学をきめた野村優作選手でしたが、実際には指導者はいなくて、駅伝の部員も一人という状態だったようです。

そんな逆境にもめげる事なく、前を向いて走り続けました、凄い意思の強さを感じますよね。

きっと、憧れの姉のサポートも有り、姉に近づきたい気持ちの強さだったのでしょうね。

都大路高校駅伝では、和歌山北高校が毎年のように出場しています。

努力の成果が出て、2018年高校3年時、和歌山県退会初優勝で都大路高校駅伝に出場できました。

目標は、20位だったようですが、地方紙でも初優勝の記事が大きく報道されています。「継続は力なり」ですね。

幾つかの大学からのスカウトがあったようですが、野村優作選手の憧れは、塩尻和也選手だったようで、塩尻和也選手が所属している順天堂大学へ決めたのでしょうか。

【高校時代の成績】

  • 2017年 高校2年 都道府県対抗駅伝駅伝 (1区・36位)
  • 2017年 高校2年 国体(1組・23位)
  • 2018年 高校3年 都大路高校駅伝(1区・20位)総合結果27位
  • 2018年 高校3年 京都陸協記録会 5000m 出場 

田辺高校3年の時、同級生の都築勇貴選手は、山梨学院大学へと、大学は別れたのですが、都築勇貴選手と箱根を走ろうと約束したと話しています。その約束は、果たせましたね。

野村優作選手の中学は?

野村優作選手の中学校は田辺市立上秋津中学校です。

上秋津中学校には、陸上部、野球部、バレーボール部、テニス部等の部活動がありますが、上秋津中学校の陸上部としての成績の記録はないようです。

和歌山県では、市町村対抗のジュニア駅伝が開催されていて、野村優作選手は、田辺市としての出場し、2位と1位と上位の成績でした。

野村優作選手には、1歳上の姉・野村蒼さんがいますが、優れたランナーで、現在積水陸上部に所属しています。

野村蒼選手は、中学から全国大会に出るような素晴らしいランナーで、野村優作選手にとって憧れの存在でした。

野村優作選手が中学生の時、姉の蒼選手に憧れる気持ちから始めた陸上ですが、周りの人から褒められて、それが嬉しくて益々陸上が好きになったと話しています。

きっと、地元の代表として駅伝に出場していた事でしょうね。

野村優作選手の小学校は?

野村優作選手の小学校は上秋津中学校の校区としては、上秋津小学校だけなので、上秋津小学校の可能性が高いですね。

上秋津小学校は、今では珍しい木造校舎だったのが、2006年に新校舎に移転されていま、田辺市では比較的児童数が多い小学校のようですね。

野村優作選手が小学校の時、陸上をやっていた記録は無いですが、一歳上の姉の蒼選手と、どちらが早いか競争していた姿が見えるようですね。

姉の方が、早くて悔しい思いをして野村優作選手の悔しがる姿が、幼く可愛かったでしょうね。

何時かは、一番を取りたいと思って姉と競争した事が、努力する事への原点だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

野村優作選手の進路、高校中学、少年時代などの学歴についてご紹介しました。

  • 野村優作選手の進路は、憧れの塩尻和也選手の富士通やトヨタ自動車なども候補の一つで しょうか。楽しみに発表を待ちましょう。
  • 野村優作選手の高校は、和歌山県立田辺工業高校
  • 野村優作選手の中学は、田辺市立上秋津中学校
  • 野村優作選手の小学校は、上秋津小学校の可能性が高いようです

姉の野村蒼選手に憧れて、始めた陸上でしたが、いつしか野村優作選手自身箱根駅伝を走りたいとの思いが生まれていきました。

大学は異なりましたが、同級生と交わした箱根を走ろうという約束の為に、一歩一歩前向きに努力して、見事箱根の2区を走れました。

まだ、結果に満足していない野村優作選手。

大学3年最後となるの2022年の箱根駅伝上位を狙っての走り楽しみにしています。

今後の活躍期待しています!

スポンサーリンク