野球

松浦慶斗の小学校や中学などの経歴は?世代No.1サウスポー

matsuura keito (1)
スポンサーリンク

松浦慶斗の小学校や中学などの経歴は?世代No.1サウスポーの経歴をご紹介です。

最速150キロの世代No.1サウスポーの大阪桐蔭のエース・松浦慶斗(まつうら けいと)投手。ドラフト上位指名候補としてリストアップされている期待のエースですね。

今回は、『松浦慶手の出身中学などの経歴は?世代No.1サウスポー』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

松浦慶斗の小学校や中学などの経歴は?世代No.1サウスポー

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@__y.shostory89__)がシェアした投稿

松浦慶斗投手は、宮城県石巻市生まれの誕生日が2003年7月1日生まれの18歳(2021年8月現在)です。

松浦慶斗の小学校は?いつから野球を始めたの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中雅博(@masahiro_tanaka3)がシェアした投稿

松浦慶斗さんは幼少期は宮城県石巻市で過ごし、石巻門脇小学校1年生の時に、野球を始めました。そして、東日本大震災で被災。

その後、父の仕事の関係で、小学校2年時に北海道の旭川市へ転居しました。

北海道旭川市では、新富野球少年団に所属し、小学校5年生から投手を始め、小学校6年生の時に、北海道日本ハムファイターズジュニアのセレクションを受けます。

セレクションは3回あり、1000名から18名を選ぶ激戦を制して、松浦慶斗選手は北海道日本ハムジュニアに選出され、2015年のNPBジュニアトーナメントに出場します。

松浦慶斗の中学校は?

松浦慶斗さんは、 旭川市立明星中学に進学して、自宅から自転車で通える距離にある旭川大雪ボーイズに所属しています。

松浦慶斗選手は、旭川大雪ボーイズでもエースと主軸打者を務め、チームの柱として活躍します。

中学1年には身長170センチだったのが、中学3年には185センチまで伸び、ストレートの球速は120キロ程度から138キロまでスピードアップ。

中学1年ではU-15日本代表として、カル・リプケン12歳以下の世界大会に出場。決勝・米国戦など3戦に登板し、世界制覇に貢献しました!

松浦慶斗の大阪桐蔭での戦績は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hitomi(@ahth1_k1s)がシェアした投稿

松浦慶斗選手は、中学3年8月に行われたボーイズの全国大会でベスト8に進出し、このときの活躍が大阪桐蔭の関係者の目に留まり、またU-15代表の池田 陵真(忠岡ボーイズ)からも「一緒に大阪桐蔭で野球しよう」と誘われました。

また、松浦慶斗選手自身もさらにうまくなりたい思いがあったため、北海道を離れて大阪桐蔭高校に進みます!

大阪桐蔭高校の野球部では、レベルの高さを痛感する日々でした。練習試合や、シート打撃で先輩たちに投げると、これまで通用していた武器が通用しなかったのです。

西谷監督や投手コーチの石田コーチとともに投球練習を繰り返し、高校1年夏には142キロに到達。課題だった下半身と体幹を鍛えていき、平均球速を高めていき、高校1年秋にはベンチ入りを果たします!

松浦慶斗選手が高校2年生で出場した甲子園交流試合(東海大相模戦)では、2-2の同点での8回から登板(甲子園初マウンド)。2回無安打無失点の投球で、8回裏のチームの勝ち越しを呼び込む好投を見せました。

2020年松浦慶斗選手が高校2年でエースになってからは完投勝利多数です!↓

2020年10月3日 秋季大阪大会 準決勝・履正社戦 完投勝利
10月4日 秋季大阪大会 決勝・東海大大阪仰星戦 完投勝利(2試合連続)
2020年10月25日 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 準々決勝 天理戦 完投勝利

スポンサーリンク

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

s-e-k-o(@smile_18.44m_smile)がシェアした投稿

勝負どころとなる試合(局面)でマウンドを託される機会が多く、大阪桐蔭の西谷監督が絶大な信頼を寄せる松浦慶斗選手。

2年ぶりの夏の甲子園にも出場することになり、甲子園での活躍が楽しみですね。

今後の活躍を期待しています!

matsuura keito family (1)
松浦慶斗の父が元社会人野球選手でいとこが古谷優人の野球一家松浦慶斗選手の父が元社会人野球選手でいとこが古谷優人選手の野球一家なんですね。 大阪桐蔭のエースの150キロの左腕で夏の甲子園でも...
スポンサーリンク