箱根駅伝

木付琳の進路や中学高校は?元野球部のイケメンランナー

kimura rin
スポンサーリンク

木付琳の進路や中学高校は?元野球部のイケメンランナー

国学院大学4年生で主将の木付琳(きつき りん)選手、2021年10月の出雲駅伝2区で区間賞の走りを見せトップで襷リレー。

最終学年なので2022年4月以降の進路が気になる頃ですね。

今回は、『木付琳の進路や中学高校は?元野球部のイケメンランナー』についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

木付琳の進路や中学高校は?元野球部のイケメンランナー

木付琳選手は、大分県大分市出身の誕生日が1999年7月17日の22歳(2021年10月現在)です。

国学院大学経済学部の4年生です。

国学院大学での木付琳選手の戦績
  • 箱根駅伝2020年大学2年 (7区・11位)
  • 全日本大学駅伝2020年大学3年 (5区・6位)
  • 箱根駅伝2021年大学3年 (10区・3位)
  • 出雲駅伝2021年 大学4年(2区・1位)

大学に入り徐々に記録が伸びていき、大学4年になった最近では区間賞も!

そんな木付琳選手の進路が発表されました。

木付琳の進路は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

木付琳(@rin_rin_run7)がシェアした投稿

木付琳選手の進路は、九電工です。

九電工陸上競技部は、65年の歴史があり、駅伝チームも活発に活動し、2020年の九州実業団毎日駅伝では男女ともに4位入賞を果たしました。

木付琳選手は高校の頃から将来の夢は「実業団に入り、トップを目指したい」だったので、まずは実業団に入ったので、夢に近づいていますね。

実業団での活躍も楽しみです!

木付琳の高校は?

kitsuki rin koko

出典:https://os-oita.com/column/zukan/308.html

高校3年生の時の木付琳選手、イケメン高校生です!↑

木付琳選手の高校は、大分東明高校です。

大分東明高校には陸上部とは別に駅伝部があって駅伝強豪校です。

中学までは野球部に所属していた木付琳選手は、助っ人として出場した駅伝大会で、大分東明高校の駅伝部からスカウトされてこの高校に入学を決めました。

駅伝部に所属して本格的に陸上を始めた木付琳選手ですが、高校3年生で駅伝部男子のキャプテンをつとめました。

本格的に陸上を始めて3年でキャプテンを任せられるほど急成長していて凄いです。

駅伝の魅力は、「チーム戦でつながりを感じる。チーム全員でカバーし合えるところ」と語る木付琳選手。

全国高校駅伝2016年 (2区・7位)
全国高校駅伝2017年 (2区・18位)

3年の大分県高校駅伝競走大会では、7年連続の優勝!

 

この投稿をInstagramで見る

 

木付琳(@rin_rin_run7)がシェアした投稿

木付琳選手は「優勝できたことは嬉しかったが、想定タイムに届かなかったことは悔しい」とコメントしています。

木付琳の中学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

木付琳(@rin_rin_run7)がシェアした投稿

木付琳選手の中学は、大分市立上野丘中学校です。

木付琳選手は小学2年生から野球を始めて、上野丘中学校では野球部に所属しています。

野球部に所属していたのに陸上部の駅伝大会に助っ人として呼ばれて、その大会での走りを見て駅伝強豪校の大分東明高校の駅伝部からスカウトを受けるほどなので、持って生まれた才能が素晴らしいのですね。

上野丘中学校野球部の戦績については調べても何も出てこなかったので、そこまで部活として強豪というわけではなさそうです。

駅伝大会に助っ人で出場して、気持ちよかったので陸上をはじめたきっかけとなりました。

スポンサーリンク

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

木付琳(@rin_rin_run7)がシェアした投稿

木付琳選手の進路、高校や中学などの学歴についてご紹介しました。

  • 木付琳選手の進路は、九電工
  • 木付琳選手の高校は、大分東明高校
  • 木付琳選手の中学は、大分市立上野丘中学校

中学までは野球で鍛えた脚で助っ人として出場した駅伝大会で、駅伝強豪校大分東明高校の駅伝部にスカウトされることで陸上を本格的に始めた木付琳選手。

大学最後の2022年1月の箱根駅伝での活躍を楽しみにしています。

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク