箱根駅伝

鎌田航生の進路や高校中学は?

kamata school
スポンサーリンク

鎌田航生の進路や高校中学は?

現在、法政大学社会学部4年生の鎌田航生(かまた・こうき)選手。

2021年箱根駅伝1区で法政大学としては21年ぶり、21.3kmを1時間3分0秒で走破し区間賞を獲得しました。

他にも2021年日本学生ハーフマラソン選手権大会では1時間3分0秒の記録を出して優勝。

当初8月に中国の成都で開催予定だったワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)への参加が内定してました現在は残念ながら延期となっているそうです。

大学生最後の年の全日本大学駅伝・箱根駅伝でどんな走りをしてくれるのかとても楽しみです。

今回は『鎌田航生の進路や高校中学は?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

 鎌田航生の進路や高校中学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taku(@taku_run_workout)がシェアした投稿

鎌田航生選手は神奈川県綾瀬市出身で、身長は165センチ、体重は50キログラム。

1999年5月5日生まれ、現在法政大学社会学部の4年生です。

21年箱根駅伝1区区間賞で話題となった鎌田航生選手の進路や高校・中学について書いていきます。

鎌田航生の進路は?

鎌田航生選手の進路は、「ヤクルト陸上競技部」に内定。

創部は1972年(昭和47年)と49年の歴史がある実業団です。

埼玉県戸田市に本拠地があり、ヤクルト戸田グラウンドや彩湖道満(さいこどうまん)グリーンパークなどで練習を行なっているそうです。

全日本実業団駅伝6位入賞が部の目標として掲げており、鎌田航生選手が目標に向けて貢献出来るか今後が楽しみです。

鎌田航生の高校は?

鎌田航生選手の高校は、法政大学第二高等学校」です。

神奈川県川崎市中原区木月大町にある中学・高校と一貫教育制の私立の学校で、歴史は古く昭和14年に設立されました。

法政ニ高の卒業生には、政治・経済関係、作家やジャーナリスト、芸能・音楽、スポーツ選手、アナウンサーと数多くの著名人がいます。

なかでもアジア人初のメジャーリーガー「村上雅則さん」も法政ニ高の出身です。

2015年、鎌田航生選手は1年生の時に法政ニ高として初めて神奈川県高校駅伝で優勝し、同年の「全国高等学校駅伝競走大会」に参加。

この年は京都開催50周年記念という事で例年よりも出場校が多く、全部で59校が参加しました。

この大会で1年生ながら3区を走った鎌田航生選手は56位でした。

2年生で出場した「天皇盃 第22回全国都道府県対抗男子駅伝」では1区(7.0km)を走り、結果は21分04秒の32位でした。

2017年、高校3年生の神奈川県高校駅伝大会で優勝を果たして全国高等学校駅伝競走大会に出場しています。

その神奈川県大会の約1ヶ月前、帰宅途中に交通事故にあってしまい足と顔を骨折する大けがを負ってしまいました。

県大会への出場を諦めず懸命なリハビリを行い、けがの箇所に負担をかけないトレーニングを実施。レースへの出場を果たします。

レースプランも当初は1番距離の長い1区を走る予定だったが、アンカーの7区へ変更し見事勝利を収めました。

怪我を克服して県大会で優勝し、3年生でも「全国高等学校駅伝競走大会」に出場。

この年は例年通りの47校が参加し、鎌田航生選手は2015年と同じ3区を走り15位の成績でした。

また、この年も「天皇盃 第23回全国都道府県対抗男子駅伝」に出場し5区(8.5km)を25分02秒で走り切り、3位という立派な成績を納めています。

鎌田航生の中学は?

鎌田航生選手の中学は、神奈川県にある「綾瀬市立綾瀬中学校」です。

「球技が苦手だったから」という理由で中学1年生から陸上を始めたそうですが、小学校でのマラソン大会で上位の結果だったことも陸上を始めるきっかけだったそうです。

中学校時代から陸上競技を始めて、第20回全国都道府県対抗男子駅伝のメンバーにノミネートされるなど優秀な選手だったようです。

スポンサーリンク

まとめ

鎌田航生選手の進路、高校・中学についてご紹介しました。

  • 鎌田航生選手の進路は「ヤクルト陸上競技部」
  • 鎌田航生選手の高校は「法政大学第二高等学校」
  • 鎌田航生選手の中学は「綾瀬市立綾瀬中学校」

2020年の香川丸亀国際ハーフマラソンで1時間2分19秒の自己記録、2021年日本学生ハーフマラソンで1時間3分0秒の記録で優勝。

大学生ラストイヤーの今年、全国大学駅伝・年明けの箱根駅伝ではどの様な走りを見せてくれるのでしょうか?

今後の活躍が楽しみな鎌田航生選手の進路と高校・中学についてまとめました。

スポンサーリンク