箱根駅伝

伊地知賢造の中学や高校は?

ijichi school
スポンサーリンク

伊地知賢造の中学や高校は?

國學院大学2年エースの伊地知賢造(いじち けんぞう)選手、2021年出雲駅伝では5区に出走し2位、そして全日本駅伝では8区に出走して区間賞!

実力をつけて好調な伊地知賢造選手です。

今回は、『伊地知賢造の中学高校は?』についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

伊地知賢造の中学や高校は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊地知 賢造(@kenzo_ijichi)がシェアした投稿

伊地知賢造選手は、埼玉県出身の誕生日が2001年8月23日の20歳で、國學院大学人間開発学部2年(2021年12月現在)です。

同期で仲良く伊地知賢造選手の20歳の誕生日のお祝いをしてくれている写真↑好きなことに全力で取り組めて、良い人間関係に囲まれて楽しい大学生活ですね。

大学生活の充実も走りの成績向上に結び付いているのでしょうか、今季は好調で、伊地知賢造選手は2022年箱根駅伝にエントリーメンバーに入っていますね。

そんな伊地知賢造選手の中学、高校時代はどうのような学生だったのでしょうか?

伊地知賢造の中学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊地知 賢造(@kenzo_ijichi)がシェアした投稿

伊地知賢造選手の中学は、鶴ヶ島市立藤中学校です。

伊地知賢造選手は中学では陸上部に所属して、陸上の練習を頑張っていたようです。

中学2年頃に全国大会で10位の成績を収めています。

  • 平成27年度(中学2年)全日本中学校通信陸上競技埼玉県大会 中学男子3000m 10位

中学3年次には、平成28年度の優秀選手賞(県大会で優勝もしくは準優勝、または全国大会出場)で鶴ヶ島市から表彰されています。

中学生の頃から足の速さで目立つ少年だったのですね。

伊地知賢造の高校は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊地知 賢造(@kenzo_ijichi)がシェアした投稿

伊地知賢造選手の高校は、埼玉県立松山高校です。

伊地知賢造選手は、高校1年次には3000m、2年生以降は5000mメインとして練習していて、1500mも並行して走っていました。

そして、高校2年次から高校駅伝で1区10㎞のエース区間を任されています。

高校3年次には、1500mでインターハイ県大会で決勝進出し13位、埼玉県駅伝で5区に出走し区間賞の好成績を収めています。

埼玉県の駅伝大会では、駒澤大学の唐澤拓海選手や、同じく駒澤大学の白鳥啓汰選手達と上位を争ったそうです。

今大学駅伝や実業団で活躍している選手たちと、高校、早いときには中学から上位争いを繰り広げているんですから、面白いですね!

高校時代の伊地知賢造選手は、中距離、長距離で力をつけてきているのが分かります。

スポンサーリンク

まとめ

伊地知賢造の中学高校についてお伝えしてきました。

  • 伊地知賢造の中学は、鶴ヶ島市立藤中学校
  • 伊地知賢造の高校は、埼玉県立松山高校

中学、高校から頭角を現して好成績で目立っていた伊地知賢造選手、大学1年次から自己記録を更新し続けていて、実力エースになっていますね。

2022年での箱根駅伝でのエース区間の出走を楽しみにしています。

今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク