箱根駅伝

堀畑佳吾の進路や高校中学は?

horihata school
スポンサーリンク

堀畑佳吾の進路や高校中学は?東京国際大学の三番目の選手を目指すイケメンランナー

東京国際大学では、ビンセント選手や丹所健選手が目立っている中で、三大駅伝での成績が伸びていない堀畑健吾(ほりはた けんご)選手ですが、二人の選手に次ぐ選手を目指して東京国際大学の躍進に貢献した走りを見せたイケメンランナーです。

今回は、『堀畑佳吾の進路や高校中学は?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

 堀畑佳吾の進路や高校中学は?

堀畑佳吾選手は、大阪府泉大津市の出身の誕生日が2000年7月15日の21歳、東京国際大学人間社会学部スポーツ科学科の3年生(2022年1月現在)です。

堀畑佳吾選手は、身体のメンテナンスを自分でも出来るようにと、スポーツ科学を学び生かしていると話しています。

172cmの長身を活かしたスライド走法で、上半身のブレが無い走りが評価されているようですが、スポーツ科学が活かされているのでしょうか。

堀畑佳吾選手は、駅伝の区間成績は伸び悩んでいるものの、2021年の全日本大学駅伝では、イェゴン・ビンセント選手が、他の大学を抜き、1位で繋いだ襷を順位を落とさずに、5区に襷を繋いでいます。

2022年の箱根駅伝でも、丹所健選手から、2位で貰った襷を5区に繋いでいます、チームが一つになり、力を付けてきているのでしょうね。

【東京国際大学での堀畑佳吾選手の成績】

  • 2019年 大学1年 日体大長距離競技会 10000m   32位
  • 2020年 大学2年 東海大学長距離競技会 10000m 9位
  • 2020年 大学2年 全日本大学駅伝(6区・12位)総合10位
  • 2021年 大学3年 全日本大学駅伝(4区・11位)総合5位
  • 2021年 大学3年 全日本大学駅伝関東地区予選 2組 6位
  • 2021年 大学3年 ホクレンディスタンスチャレンジ北見大会 5000m  12位
  • 2022年 大学3年 箱根駅伝(4区・12位)総合7位

好きなアイドルは、広瀬すずさんですが、最近は韓国の女優さんのキム・シビヨンさんが好きみたいですが、垂目が可愛いと話ているので、彼女さんも垂目の可愛い女性なのかと想像します。

趣味も色々あるようで、絵を掻いたり、釣りも好きなようですが、練習や試合後のリフレッシュに活用しているのでしょうね。

このような、大阪人の明るさや元気を持っている堀畑佳吾選手ですが、どのような高校中学を過ごされたのでしょうね。

堀畑佳吾の進路は?

今年の東京国際大学の卒業生では、渡辺正紀選手がメイクスへの進路ですね。

他の選手はまだ発表されていないようです、今年(2021年度)は陸上を継続しない選手も多いように感じます。

他の大学の選手では、自動車関係や住友重工等大手企業もあるようですね。

堀畑佳吾選手は、大阪出身なので、地元大阪への進路もあるのではないかと想像します。

学部はスポーツ科学科を専攻されているので、健康食品関係等もあるんでしょうか。

様々な大会に出場しながら、三大駅伝の頃には発表されるのを楽しみに待ちましょう。

堀畑佳吾の高校は?

堀畑佳吾選手の高校は、私立清風高校です。

清風高校は、大阪市天王寺にある仏教系の男子校で、中高一貫教育の学校ですが、体操、バレー、陸上等のスポーツが盛んで、全国大会出場している高校です。

都大路高校駅伝にも、以前28回連続出場もしていましたが、ここ数年は出場出来ていないようで、堀畑佳吾選手も、都大路高校駅伝には、出場出来なかったようです。

2021年の出場は久しぶりの出場だったようですね。

【高校時代の堀畑佳吾選手の成績】

  • 2017年 高校2年 都大路高校駅伝大阪府大会(7区・区間賞)総合3位
  • 2017年 高校2年 伊那駅伝大会(2区・78位)総合62位
  • 2018年 高校3年 都大路高校駅伝大阪府大会(3区・2位)総合3位
  • 2018年 高校3年 大阪市駅伝大会(3区・1位)総合1位
  • 2018年 高校3年 伊那駅伝(3区・20i位)総合64位
  • 2018年 高校3年 大阪高校陸上大会 5000m   5位

都大路高校駅伝には、もう少しの所で出場を逃しましたが、駅伝では安定した走りで、それが大学での駅伝の結果に繋がったのでしょうね。

堀畑佳吾の中学は?

堀畑佳吾選手の中学は、大阪府泉大津市立誠風中学校です。

誠風中学校は、剣道部、バレーボール、陸上が盛んなようで、全国大会にも出場しているようです。陸上の部活動も盛んな影響からか、堀畑佳吾選手も、中学校から陸上を始めたのでしょうか。

【中学時代の堀畑佳吾選手の成績】

  • 2013年 中学1年 近畿地区中学校総合体育大会 1500m   4位
  • 2015年 中学3年 近畿地区中学校総合体育大会 3000m   6位

近畿地区の体育大会には、現在大学で活躍している選手も多く出場し、入賞しているようですね。

中学時代から、ライバルとして、皆頑張っていたのですね。

スポンサーリンク

まとめ

堀畑佳吾選手も進路、高校中学などの学歴についてご紹介しました。

  • 堀畑佳吾選手の進路は、此れかの発表を楽しみに待ちましょう。
  • 堀畑佳吾選手の高校は、私立清風高校
  • 堀畑佳吾選手の中学は、泉大津市立誠風中学

中学時から本格的に陸上を始め、中学高校と近畿地区では安定した上位の成績で、東京国際大学への進路となりました。

東京国際大学は、留学生を含め、近年より三大駅伝に出場するようになった大学で、堀畑佳吾選手も、2021年の全日本大学駅伝、2022年の箱根駅伝に出場で出来ました。

留学生だけではなく、新しい力が一つになり、しっかりと襷を繋ぎ、自分達の歴史を作り上げていく事でしょう。

東京国際大学で、三番目となる事を目指して、今日も走っている堀畑佳吾選手です。

最終学年の2022年から2023年の箱根駅伝まで活躍を楽しみにしています。

今後の活躍を期待しています!

 

スポンサーリンク