箱根駅伝

藤木宏太の進路や高校中学は?柔道野球少年から陸上少年に!

fujiki school
スポンサーリンク

藤木宏太の進路や高校中学は?柔道野球少年から陸上少年に!

国学院大学4年生の藤木宏太(ふじき・こうた)選手、大学一年の出雲駅伝で、国学院大学初優勝に貢献し、大学2年での箱根駅伝でもチーム上位成績に貢献し、「下剋上駅伝」と言われチームの優勝を目指したランナーです。

今回は、『藤木宏太選手の進路や高校中学は?柔道野球少年から陸上少年に!』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

 藤木宏太選手の進路や高校中学は?柔道野球少年から陸上少年に!

藤木宏太選手は、北海道上富良野の出身の誕生日が1999年3月2日の22歳(2021年12月現在)で、國學院大學神道文化学部神道文化学科の4年生です。

神道文化学部とは、ご両親のお仕事と何か関係があるのでしょうか。

良く後輩と陸上について話をするのが好きみたいで、どこでも話が始まるみたいです、後輩の面倒もしっかりサポートしているのですね。

藤木宏太選手は、登りは精神力で乗り切る、気合があればなんとかなる、厳しい雪国で育っただけに、メンタル面の強さはピカ一みたいです。

1区のエントリ―が多いのは、そんなメンタル面の強さがあるからでしょうか。

【国学院大学での藤木宏太選手の成績】

  • 2018年 大学1年 全日本大学駅伝(4区・6位)
  • 2019年 大学1年 箱根駅伝(1区・10位)総合結果7位
  • 2019年 大学2年 出雲駅伝(1区・5位)初優勝
  • 2019年 大学2年 全日本大学駅伝(3区・12位)総合結果5位
  • 2020年 大学2年 箱根駅伝(1区・2位)総合結果3位
  • 2020年 大学3年 全日本大学駅伝(7区・7位)総合結果7位
  • 2021年 大学3年 箱根駅伝(1区・13位)総合結果3位
  • 2021年 大学4年 出雲駅伝(3区・10位)総合結果4位
  • 2021年 大学4年 全日本大学駅伝(4区・7位)総合結果7位
  • 2021年 大学4年 学生ハーフ(1組・4位)

藤木宏太選手は、箱根が終わったら、漫画を読みたいというくらい漫画大好き。

藤木宏太選手のお気に入りは、「カッコウの許嫁」という漫画で、四角関係の恋愛物と話しています、現実の恋愛はどうなのでしょうね。

寮生のご両親からリンゴの差し入れがあったようです、北海道育ちなので、リンゴすきなのでしょうね。美味しく、楽しく、嬉しそうに食べていますね。チョコレートも好物みたいです。練習の合間の、エネルギー補給に食べているのでしょうか。

高校大学と徐々に記録も伸びていて、チームの優勝を誓っている藤木宏太選手です。

そんな藤木宏太選手の進路が発表されました。

藤木宏太選手の進路は?

藤木宏太選手の進路は、旭化成です。

旭化成は、宮崎県延岡市の本社を置く、化学、繊維、エレクトロニクスの日本有数の大手企業です。実業団駅伝出場回数最多の25回で、多くのオリンピック選手を輩出しています。

今年卒業の明治大学の手島杏丞選手と鈴木聖人選手も同じ旭化成ですね。

旭化成陸上部には、村上紘太選手、相澤晃選手、鎧坂哲也選手、市田宏、孝選手、大六野秀敏選手まど箱根ランナーが揃っています。

藤木宏太選手、北海道から南の宮崎へと、地元からは袁方になります、ご両親は心配かのしれませんが、日本の一流選手に混じって、開拓者精神で、自分も日本の一流選手を目指して行く決心なのでしょうね。

藤木宏太選手の高校は?

藤木宏太選手の高校は、北海道白老町にある私立北海道栄高校です。

北海道栄高校は、当初は日本大学の準付属高校でしたが、現在は佐藤学園と合併し北海道栄高校となりました。

スポーツ面では、プロ野球選手も輩出しています。

藤木宏太選手はもちろん陸上部(駅伝部)に所属していました。

練習前に2時間程雪かきをして、練習をしていたようです。雪国は滑るので、練習環境としては悪いのですが、その悪さが体力トレーニングとなったと言っています。

スポーツには、プラス思考大切なのですね。

都大路高校駅伝駅伝には、北海道大会では、2位が多く都大路高校駅伝の出場は難しかったようです。

都大路高校駅伝は高校生にとって、特別な駅伝なので悔しい思いだったでしょう。

  • 2016年 北海道駅伝(6区・2位)総合結果2位
  • 2017年 北海道駅伝(1区・2位)総合結果2位

駅伝部の山中慎コーチが国学院大学のコーチもしていた関係で、国学院大学への進学を決めたようです。

藤木宏太選手の中学は?

藤木宏太選手の中学校は、上富良野町立上富良野中学校です。

富良野中学校は十勝連峰を初めとして、山並みが取り巻く自然美に包まれた所にあります。

藤木宏太選手が小学校6年時の校内のマラソン大会で、5年生に負けたのが、涙が出る程悔しかったと話しています。

それがきっかけで、中学では陸上を始めようと思ったみたいです。

  • 北海道駅伝(1区・20位)総合結果12位

負けず嫌いの性格は、小学校からあったのですね、厳しい自然と戦ってきた開拓者精神のDNAが、しっかり受け継がれているのでしょうね。

藤木宏太選手の小学校は?

藤木宏太選手の小学校は、富良野中学校の校区には、上富良野小学校、上富良野西小学校。上富良野東小学校と、町立の小学校が三校がありますので、この三校の内の一つでしょうね。

小学時1年から3年までは柔道をしていて、4年から6年までは野球をしていたようです。

スポーツは盛んな地域みたいで、上富良野ジャガーズという野球のクラブチームがあります。

藤木宏太選手がこのクラブチームの所属していた記録は無いのですが、藤木宏太選手もこのような野球少年だったのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

藤木宏太選手の進路、高校中学などの学歴についてご紹介しました。

  • 藤木宏太選手の進路は、旭化成
  • 藤木宏太選手の高校は、私立北海道栄高校
  • 藤木宏太選手の中学は、上富良野町立上富良野中学校
  • 藤木宏太選手の小学校は、上富良野町立上富良野小学校、上富良野西小学校、上富良野東 小学校の三校の内の一校のようです。

小学校では、柔道や野球少年だった藤木宏太選手は、小学校時のマラソン大会で、下級生に負けた事が悔しくて、中学から陸上を始めました。

高校大学と徐々に記録を伸ばして、三大駅伝に大学一年から出場しています。

大学2年時の出雲駅伝では、初優勝も経験し、箱根の初優勝で、歴史に名を刻もうとチームで誓っています。苦しい時は、気合で走ると開拓者精神を持ち合わせた藤木宏太選手。

大学最後の2022年の箱根駅伝での活躍を楽しみにしています。

今後の活躍期待しています!

スポンサーリンク