お役立ち情報

2021年お月見はいつ?十五夜にお団子を食べるのはなぜ?

otsukimi (1)
スポンサーリンク

2021年お月見はいつ?十五夜にお団子を食べるのはなぜ?

お月見と聞くと、静かな虫の声が聞こえ、涼しい風が吹いている中、きれいな満月を見ながらお団子食べる、秋の光景が目に浮かびます。

今回は、『2021年お月見はいつ?十五夜にお団子を食べるのはなぜ?』についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

2021年お月見はいつ?十五夜にお団子を食べるのはなぜ?

お月見イラスト (1)

お月見(つきみ)とは月、主に満月を眺めて楽しむこと、ですが、「お月見」と言えば、秋の美しい「中秋の名月」を十五夜に眺めることをいいますね。

今年のお月見、十五夜はいつなのでしょうか?

2021年のお月見(十五夜)はいつ?

お月見、十五夜の日は、

2021年9月21日火曜日

です!

お月見は、主に旧暦8月15日から(午前零時を介して)16日の夜(八月十五夜)に行うことになっていて、旧暦8月15日を新暦に直した日は毎年ズレるので、毎年日付は変わります!

十五夜とは?

十五夜とは、1年で最も美しいとされている「中秋の名月」を鑑賞しながら、収穫などに感謝をする行事です。

そもそもの「十五夜」は、月の満ち欠けのサイクルで、旧暦では新月が1日として15日間で満月になるので、この15日目の満月の夜を「十五夜」と言います。

ですので、旧暦の1月から12月まですべて十五夜はあるんですよ。

でも、旧暦の「中秋」8月の「十五夜」が一年のうちで月が一番美しく見えることから、旧暦の8月15日の月を「中秋の名月」と呼ぶようになりました。

お月見は、「中秋の名月」十五夜に行うことが一般的になったのです。

秋が一番過ごしやすいのでお月見は旧暦8月15日が一番ですね!

お月見(十五夜)にはお団子を食べるのはなぜ?

団子写真 (1)

お月見(十五夜)でお団子、月見団子を食べる、のは、

昔の人たちが、月にお供え物として団子をお供えしていて、その月見団子をいただくことで、月の力を分けてもらい、健康と幸せを得ることができると信じたからです。

今は、「お月さまを見ながら美味しいお団子を食べる」のところが残っているんですね。

この十五夜の日に、団子を供える習慣が定着したのは江戸時代から。

十五夜が穀物(お米)の収穫時期に重なっていたため、お米の粉で月に見立てて作った団子を供え、お米が無事に収穫できたことに感謝し、次の年の豊作を祈願しました。

これは当時、月が信仰の対象であり、月神である月読命(つくよみのみこと)が農耕の神でもあったためといわれています。

団子をピラミッド型に積み上げていくのは、最上部を天に向けることで、月見団子を通して、収穫の感謝、祈願の気持ちを月まで届かせようという意図からです。

スポンサーリンク

まとめ

2021年のお月見は、

2021年9月21日火曜日

です!

お月様を見ながら美味しいお団子を食べて、秋を感じたいですね!

スポンサーリンク